Vol.1 シンプルスタイル.クラブに来ていただいた方へ

こんにちは!tomです。

あなたはどんな検索ワードを使って、ここへたどり着いたでしょうか?

きっと今は、快適な日々を送っているわけではないと思います。

あなたは今、一人で生きていこうとしているのではないでしょうか。

“Vol.1 シンプルスタイル.クラブに来ていただいた方へ” の続きを読む

Vol.6 今まで見えてなかった本質が見えてくる方法

 

こんにちは!tomです。

私にとって大切なことをメモがわりに書いています。自分が再度つまづきそうになった時に、すぐに読み返すことができればと思っています。

もし、何か1つでも共感できるところがあったなら、そこだけでも持ち帰っていただけるときっと何かの支えにはなると思っています。

いったい何を変えたら良いのか?

Vol.4で「自分に戻れ」という話をしました。

基本的に自分の本音に嘘をつくことや、人からの評価を基準にして何かをしようしたり、行動に移したりすることはオススメしません。

なぜなら、長続きしないからです。

だって、相手はコロコロ変わるでしょうし、相手のアイドバイスも気分とか事情によってコロコロ変わります。

そんなことを続けていたら、あなたにも途中で疑問が生まれ、生きづらさが生まれ、継続できなくなるからです。

それを「私は飽き性だ」とか「何事も長続きしない」と思い、人からのこういったメッセージを鵜呑みにして、ますます自己評価が低くなっていくのだと思います。

このループが自分を追い込むわけですね。

だから、自分をとても卑下している人はまずそこを何とかしないといけなくて、それをそのまま先に進もうとすると「また」誰かからの賞賛などを求めた別の行動を選択しようとしてしまうことになります。

でも、「自分に自信を持つ」ってなかなか難しいですよね。

ただ、すぐに自信は持てないとしても、他者の意見を取り入れすぎるという癖は直して行く必要があると思うんですね。

そこで大事になるのが「本質を見極める」ということなんです。

本質を見極めるとは?

私たちって色々と考えながら、失敗もしたりして進んでいるつもりでも、なぜか同じところをグルグルしているような気がしませんか?

つまり、成長しないまま同じところに居るという感じ。

これはなぜかというと、「わかったつもりでもわかってない」ことを何もせずにそのまま来たからだと思うのです。

 

思考停止。

 

たぶん私が人間ウォッチングをしてきた曖昧なデータではありますが、思考停止で生きている人が8割以上、つまりほどんどなんじゃないかと思っています。

 

もちろん以前の私も。

 

よく、何かアドバイスをもらおうとする人の多くが、本質的な考え方を伝えると「じゃぁ実際にどう行動したら良いですか?」と言った質問をする方がいます。

そのような方はきっと思考停止なのではないかと思うんですね。

つまり、考え方だけ教えられても頭で理解していないから何もできない。

でも、実際に具体的な行動方法を教えてもらっても、本質は理解できてないから、何となくやっている感じ、なのかもしれません。

だから、毎度毎度の失敗やどん底に自分で対応できずに慌ててしまうのかもしれません。

こんな繰り返しは嫌ですよね。

では、どうしたら「自分の力で」どん底から抜け出せるのかを考えていきます。

大切なのは「やり方」ではなく「あり方」だった?

私たちの多くが、どん底だとか失敗という経験をした時、「どうやったら抜け出せるのか」「楽になれるのか?」という方法やテクニックを求めてしまいます。

 

今回お伝えしたいのは、まずその考え方が間違っているということです。

 

この「やり方」を求めて思考、行動を始めると、今までと同じところをグルグルが始まってしまいます。

つまり、あなたは今まで「やり方」・・あなたのやってきたことは間違っていないかもしれないのです。というより、そこはどうでも良いのかもしれません。

私たちが行き詰まるのは、「やり方」うんぬんではなく、それをやっている自分自身に何かおかしなところがあるから、行き詰まっているのです。たぶん。

 

「自分がおかしい」って嫌な感じですが。。。

 

それはDNAとか容姿とか性格とか、人格否定をするつもりはなくて、なんて言ったら一番良いのかわかりませんが、今私が思いつく言葉で言うと「受け止め方」なのだと思います。

つまり、何かピンチな出来事があった。その時に自分がそのピンチをどう受け止めているか、が問題なのです。

もし、さっきのようにすぐに「じゃぁ、何をしたら良いですか?」と質問をしたり考えたりするのは、受け止め方が間違っているということです。

物事がとどこおる、上手くいかない、失敗するには必ず理由があって、その「理由」をしっかりと解明をして改めるのかイチからやり直すのかによって、上手く行くようになるのだと思うのです。

 

その「理由」について考えていますか?

 

私がダメだから。

いつも失敗するから。

といった思考停止はダメです。逃げてます。

 

もし、あなたがその理由についてちゃんと考えた時、「誰かが勧めたから」など他人が出てきたなら、他者に責任を預けることが全てのうまくいかない「理由」のように思います。

これが本質なのではないかと考えます。

その本質を見ないように避けて避けているうちは、同じところをグルグルになってしまいます。

今の他者のせいにするという理由はほんの一例で、人によって様々な「理由」があると思うのです。

そこを考えずに他者にアドバイスを求めたとしたら、他者は自分の経験からなのか一般論なのかであなたにアドバイスをするでしょう。

それは、たぶんあなたの本質ではないと思います。また、たとえ本質を突かれたとしたら、それはそれで気分の良いものではないかもしれないですね。

また、詐欺師のような人に相談してしまったら、きっと金銭的、精神的な被害に合うでしょう。

このように、自分で本質を理解していないということは、危険がいっぱいの中で生きているということなんです。

だから、これからは自分で考える必要があります。

どうしても無理ならば、あなたの目指す生き方をしている人にアドバイスを求めるなら、有益な考えをもらえるかもしれません。自分で相手を見極めないといけませんけどね。まぁこれも自己責任ですよ。

ただ、今までのように「近くにいるから」「パートナーだから」などと相手を見極めもせずに安易にアドバイスを求めることは非常に危険であることに気づいてください。

誰にアドバイスをもらうのかも、そのアドバイスをどう受け止めるのかも自己責任です。

もし、あなたが今のことを心から納得できたなら、きっと今の行き詰まり感はかなり楽になるでしょう。

そして、これからはこの「本質を見極める」という失敗と成功の繰り返しによって、偽りのない本物の自分が癖づいていくのです。

 

以上のように、どん底だとか失敗という経験を乗り越えるために必要であるのは自分の「あり方」、ということなんです。

すぐに「やり方」を求めてしまうのは、本質から逃げているということで、それは思考停止なのです。

そこに気づけば怖いものはない、つまりどんな困難も自分で乗り越えて行く力が徐々について行くように思います。

 

まとめ

うまくいかない理由は「やり方」がまずいのではなく、自分の「あり方」つまり、テクニックなどに頼りすぎていた自分の「あり方」が原因なのかもしれません。

もし気がついたのであれば、「やり方」グルグルのループをまずはストップさせること。それによってゆっくりと違う歯車が動き出すでしょう。

 

「やり方」じゃないんだ。私の「あり方」なんだ。

 

そのためには、この先も思考停止でいこうとしてはダメで、一生懸命考えて、自己責任で選択をして行動することが大事であること。

また、自己責任で思考、決定、行動できるようになれば、今のように自己卑下することもなくなるかも。

まずは思考停止の集団行動の列から飛び出すこと!これ大事。

Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5
Vol.6 Vol.7 Vol.8 Vol.9 Vol.10

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村

Vol.5 資格を捨てて「何でも屋」で社会に飛び立とう

今回はお仕事について考えてみたいと思います。

これはこれから仕事を考えている人にもお勤めをされている人にも当てはまることだと思います。

あなたはいくつ資格を持っていますか?

不景気の時代を乗り越えるために私たちは多くの資格を得てきたのではないかと思います。

その資格の重みが今、大きく変わってきているように思います。もしかすると、全く価値のないものになっているものもあるかもしれません。

“Vol.5 資格を捨てて「何でも屋」で社会に飛び立とう” の続きを読む

Vol.4 自分の弱さを知ることは自立するための一歩になる

 

なぜか今年になって長年のツケが回ってきたような不運に見舞われてきたtomです。

上手くいかない時にどういった考え方をして解決したか、メモがわりに書いてます。

今年に入って自分から仕事や人があれよあれよと離れて行き、最後には大事なパートナーであるペットまでもが私から去って行きました。

これは明らかに「変われ」というサインであり、それは誰かのコントロールで「変われ」と言われるのとは全く逆で、自分の潜在意識の奥底から長年かけて「変わる必要がある」という自分から自分へのメッセージのような気がしてなりません。

でも、この「変われ」というのは誤解を生みやすい言葉だと思います。 なぜなら本当の意味は、「変われ」というよりも、本来の自分に「戻れ」という意味だからです。 “Vol.4 自分の弱さを知ることは自立するための一歩になる” の続きを読む

Vol.3 悩んだ時には旅に出よう! ひとり旅のススメ

なぜ、旅が必要なのか?

なぜ、旅が必要なのでしょう?

  • 「自分と向き合うため」
  • 「現状から離れて冷静になるため」
  • 「気持ちをリフレッシュするため」

などなどありますが、まさしく私もそうです。 そして最近感じるのは、旅の本当の目的は「人との出会い」なのかもしれないと感じています。 “Vol.3 悩んだ時には旅に出よう! ひとり旅のススメ” の続きを読む

「一人で生きて行く」を意識している貴方へ 103歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い 書評

篠田桃江(しのだとうこう) 美術家 1913(大正13)年生まれ。東京都在住。

 

墨を用いた抽象表現者として、世界中に広く知られており、数えで103歳になった今も第一線で製作している。(2017年現在、104歳)

 

これからどう生きていくかって、年齢性別や生き方にかかわらず すごいテーマだと思いませんか?

“「一人で生きて行く」を意識している貴方へ 103歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い 書評” の続きを読む